昼寝後の頭痛や吐き気で悩んでる?治し方が効果的な方法は?

今、会社によっては、お昼寝を推奨して、お昼寝の時間を設けているところもあります。

効率的なお昼寝によって、午後の仕事がはかどることが目的です。

それなのに、お昼寝をして起きたら頭痛と吐き気が・・・!?

という症状に悩まされている人いるようなのです。

どうして、お昼寝して体を休めているのに、頭痛や吐き気が出てしまうのでしょうか?

お昼寝が引き起こす頭痛と吐き気の治し方をご紹介します。

そして、お昼寝で頭痛と吐き気が起こらないように、治し方と同時に正しいお昼寝の仕方も合わせてご紹介します。

身体的にも精神的にもお昼寝は効果的なものです。

そこに頭痛と吐き気が出てしまうと、結局意味がなくなりますよね。

【スポンサーリンク】

➀お昼寝で頭痛、吐き気になる原因

お昼寝は疲労回復のためにするのに、起きたら頭痛や吐き気がするのは、一体どういう理由があるのでしょうか?

お昼寝をして、身体がリラックスしてくると、血管が開いて、血の巡りが良くなります。

そうすると、周りの神経が刺激されるのです。

この刺激が頭痛の原因

頭痛が起こることで吐き気も誘発してしまいます。

お昼寝は15分~20分が最適な時間です。

30分すると熟睡モードに入るのですが、この熟睡モード中に起きることになると、頭痛や吐き気が起こるのです。

それプラス、身体の状態が、

・ストレスをがある

・不規則な生活習慣

・お酒の飲みすぎ

などの原因も持っていると、これも頭痛や吐き気の原因になります。

この時の頭痛は偏頭痛で、頭の片側がズキズキ痛くなり、吐き気を催すのです。

➁お昼寝後の頭痛、吐き気の治し方

治し方1:冷やす

患部や首筋など太い動脈にある場所を、冷たいタオルや氷で冷やす治し方がいいですよ。

冷やすことで血管が収縮されるので、頭痛、吐き気が引いていきます。

逆に温める治し方はNGです。

温かいと血管は広がってしまうからです。

お昼寝の後に頭痛や吐き気がしたら、ズバリ!冷やす治し方で解決できます。

治し方2:部屋を暗くする

偏頭痛は音や光などの刺激でも、痛みが増してしまいます。

お昼寝の後に頭痛や吐き気がしたら、部屋を暗くして静かにしておきましょう。

治し方3:カフェイン摂取

コーヒー、紅茶、緑茶などのカフェインを含んだものを飲んで、血管を収縮させる治し方があります。

出来ればお昼寝の前に飲むだけで、お昼寝後は楽になります。

➂正しいお昼寝の仕方

お昼寝をする時の姿勢って、すごく大事なポイントになります。

横になってお昼寝した方がすっきりしたという方。

座ったままお昼寝した方が起きるのに楽だという方。

それぞれ意見が別れました。

横になってお昼寝するメリット

横になって寝ることのメリットは、短い時間のお昼寝でも、より効果的に身体を休められる体勢であること。

より早く、深く、睡眠に入ることが出来ます。

座ったままお昼寝するメリット

一方、座ったまま寝ることのメリットは、横になると深く眠ってしまい、起きられなくなるので、座ったままの姿勢でお昼寝することで、パッと目覚めることが出来る点です。

そして、先にも述べましたが、お昼寝の時間は15分~20分にすることが、正しいお昼寝の方法です。

お昼寝しすぎも良くない

30分以上寝てしまうと、熟睡モードになって、目覚めが悪くなります

15分~20分だと、熟睡モードに入る前なので、身体を休めるには最適な時間となっています。

ここに、お昼寝後の頭痛、吐き気の治し方をご紹介してきました。

治し方としては、頭痛を治す治し方で、吐き気も改善する治し方となっています。

正しいお昼寝の仕方も参考にしていただき、是非、お昼寝で効率よい仕事なり、生活なりを送りましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *