ベビーパウダーで化粧しよう!使い方と順番が大事!

beauty-160456_960_720

ベビーパウダーは赤ちゃんに使うもの。

という概念はもう古いですよ。

今はお化粧の段階でファンデーションでなくベビーパウダーを使う使い方が注目されてきているんです。

肌荒れ改善ニキビ改善などベビーパウダーのもつ力は偉大なことが分かっています。

知らなかった方はこれを機に是非ベビーパウダーをお化粧する時に使ってみましょう。

もちろん、ベビーパウダーを闇雲に使えばいいという使い方ではなく、きちんと、順番を守って使っていくと、もう手放せないアイテムとなりますよ。

使い方と順番によって、ファンデーションよりベビーパウダーの方がお肌に優しいことが実感できると思います。

脱ファンデの時代到来です。

スポンサーリンク

➀ベビーパウダーが注目されている理由

一般的なファンデーションにはシリコンが含まれています。

このシリコンは肌につけているだけで毛穴を塞いでしまい、毛穴の黒ずみは開きの原因になってしまうのです。

特に、リキッドファンデーションはお肌の吸着率が高いので、メイクの時のお肌への負担が大きいのです。

ですが、ベビーパウダーの感覚ですと素肌にティッシュを1枚乗せたくらいの感覚で軽く、優しいのです。

また、ベビーパウダーですと何が違うかと言いますと・・・。

・仕上がりが違う

・時間がたっても化粧崩れしない

・肌荒れ効果もある

・全身に使える

・肌への負担が軽い

という点が今支持されている主な理由です。

➁ベビーパウダーの使い方

ベビーパウダーは色々なシーンで活躍します。

ファンデーションとは一味違うベビーパウダーの使い方をご紹介します。

〇下地編

化粧下地もしくは日焼け止めの後にベビーパウダーを乗せてファンデーションの代わりにします。

ファンデーションよりカバー力は若干落ちますが、その代わりとても自然な仕上がりになります。

また、薄づきな分お肌への負担も少ないです。

ニキビ痕、そばかす、シミなどにはコンシーラーでその部分だけカバーして、仕上げにベビーパウダーを使う使い方もあります。

〇洗顔編

ベビーパウダーをいつもの洗顔に混ぜるだけです。

毛穴の汚れを落としてくれます。

〇パック編

パックのやり方

1.牛乳100ccにベビーパウダー大さじ2杯を加えて、ヨーグルトくらいの固さまで混ぜます。

2.出来たものを顔に塗り、10分間パックします。

10分たったらぬるま湯か水で洗い流します。

3.化粧水、乳液などで肌を整えます。

➂ベビーパウダーの使い方の順番

通常の使い方

スキンケア ⇒ 化粧下地 ⇒ コンシーラー ⇒ ベビーパウダー

この順番でOK。

フェイスパウダーと違ってベビーパウダーには色がついていないので、つけすぎると白浮きする感じはありますが、時間が経てば馴染んできますので安心して下さい。

この使い方ですと透明感が出てきます。

どうしてもファンデーションを使いたい方

スキンケア ⇒ 化粧下地 ⇒ ベビーパウダー ⇒ ファンデーション ⇒ ベビーパウダー

の順番で使いましょう。

ファンデーションの前にベビーパウダーを使うことで、余分な皮脂や汗を吸着してくれます。

この使い方ですと、よりサラサラなお肌になり、メイク崩れもしなくなります。

仕上げにベビーパウダーを使うことでマットな質感になり、化粧もちも良くなります。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *