唇パックの効果的な使い方って?ワセリンは使えるの?

乾燥で唇が荒れて、リップクリームが手放せない方も多いはず。

リップクリームの代わりに、ワセリンを使っている方はどれくらいいらっしゃいますか?

そうなんです。

ワセリンで唇パックをする人が急激に増えているんですね。

ワセリンとは割とマルチに使えるものですが、唇パックに効果的なのは頷けます。

ここでは、ワセリンの唇パックの効果的な使い方を伝授します。

ちょっとした使い方の工夫で、唇パックは唇に効果的にアプローチします

唇パックをしただけで、口紅がとても綺麗に映えますし、潤いのある唇は女性の憧れでもあります。

セックスアピールでもある唇。

唇パックで魅力的な唇へ。

スポンサーリンク

➀唇パックに効果的なワセリンの使い方-パターン1-

<唇パック!そのまま塗るだけの使い方>

とてもシンプルな使い方。

ワセリンを唇に塗って、そのまま放置していくだけで効果アリなんです。

リップクリームとして塗るよりも、多めの量、厚めの量で塗る使い方が、効果UPです。

ちょっとベタベタするように思われますが、これは唇パックなので、ベタベタしてる方が効果的なんです。

放置する時間は長い方が、唇パックとして機能します。

だいたい15分くらいを目途にしましょう。

放置した後は、ティッシュでふき取ります。

この唇パックは、唇のかさつきや皮むけに効果があります。

皮むけってすごく気になって、何度も唇をなめてしまいますよね。

そういった時に、このワセリンの唇パックはおススメです。

➁唇パックに効果的なワセリンの使い方-パターン2-

<唇パック!ワセリンを塗った後にラップでパックする使い方>

ワセリンを塗るだけでも、十分唇パックの役目は果たされているのですが、もっと、ぷるぷる唇になるためには、ラップでパックする使い方が効果的です。

ラップを15㎝角くらいに切っておきます。

ワセリンを唇に多めに塗って、唇の上にラップをくっつける使い方でチャレンジ!

ラップがあることで、ワセリンの効果はさらに高まります。

また、ワセリンにハチミツを混ぜて塗り、パックをする唇パックの使い方も、効果的だと今話題になっています。

お風呂の中で、このラップ唇パックを行うと、身体が温まっているので、更に効果的な使い方となります。

➂唇パックに効果的なワセリンの使い方-パターン3-

<ワセリンを塗ってマスクをして寝る使い方>

寝る前に唇に厚めのワセリンを塗って、マスクをして寝る使い方。

自分の呼吸でワセリンが温まり、長時間唇パックされるので、朝起きた時にうるうる、ぷるぷるの唇になっています。

また、お風呂上りの直後は、肌や唇が一番潤っている状態なので、その時にワセリンを塗る唇パックの使い方も効果的です。

唇パックをする時は、ワセリンはたっぷり使う方が効果的なのですが、リップクリーム代わりに使う使い方の場合は、ワセリンを塗り過ぎないことをお勧めします。

ワセリンはテクスチャーが重いので、塗り過ぎるとベタベタしすぎて、余計気になってしまいます。

ですから、唇パックとリップクリーム代わりに使う時は、量に注意しましょう。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *