ヘアアイロンの使い方初心者向け!ショートヘアの注意点は?

ヘアアイロン

ヘアアイロンをショートヘアに使う時、ちょっと怖くないですか?

髪が短い分、ヘアアイロンが首や顔に当たる火傷するんじゃないか。

といった不安もありますよね。

ですが、ショートヘアでも、ヘアアイロンを正しい使い方で使っていたら、そんな心配無用です。

ヘアアイロン初心者でも上手くいくの?

ヘアアイロン初心者の方でも、コツを掴んでしまえば、数分で仕上げることが出来ます。

ショートヘアの方でも、ヘアアイロン初心者の方でも解るように、ヘアアイロンの使い方について解説しました。

スポンサーリンク

ヘアアイロンの使い方-基本-

ヘアアイロン初心者の方に、まず言っておかなければいけないのが、ヘアアイロンは使い方次第では髪を傷つけるものです。

そういった認識を持たずに、毎日長時間ヘアアイロンを使い続ける使い方をすると、数カ月後には髪が傷んでパサパサになってしまいます

ですから、初心者の方には、これだけは知っておいてもらいたい、ヘアアイロンをする前の準備をご紹介します。

ヘアアイロンを使用する前の準備

  1. 髪を洗う
  2. 髪をタオルドライする。
  3. タオルドライ後に半乾き状態で、洗い流さないトリートメントをつける。
  4. ドライヤーで完全に乾かす。

こういった準備が必要になってきます。

ヘアアイロンは使い方も大事ですが、使う前の準備段階もきちんと行わないと、髪にダメージを与えてしまうのです。

初心者の方はすぐにヘアアイロンを当ててしまう方が多いですが、準備は大事なポイントです。

ヘアアイロンの使い方は準備を含めた使い方が正解です。

ショートヘアのヘアアイロンの使い方で気を付けること

ショートヘアの方だと、ヘアアイロンの種類は26㎜のものが向いています。

ショートヘアで32㎜は、巻きにくく、思うような動きをしてくれません。

19mmであれば細かいカールが作れますが、ゆるふわだったら26㎜をお勧めします。

ヘアアイロンを当てる前には、カールローションを使った方がいいことを申しておきます。

ヘアアイロンの温度は150℃

ショートヘアでヘアアイロンを使うのが初心者だという方は、26㎜で150℃というのを覚えておくといいと思います。

初心者でも出来るヘアアイロンでゆるふわのショートヘアの作り方

ショートヘアのゆるふわ、可愛いですよね。

髪の長い人は、結わえたり、編んだり、色々な髪型をすることが出来ますよね。

ですが、ショートヘアの人は、あまりアレンジがききません

そこで、ヘアアイロンを使って、ゆるふわに挑戦しましょう。

まず、ダックカールで上下を分けます。

分けた下の部分からヘアアイロンで巻いていきます。

ヘアアイロンと髪を並行に巻いていきます。

次に毛先から根元に向かって、床と並行に約3回転巻いていきます。

ポイントは、少し髪の量を多くとって、厚めに巻いていきます。

だいたいヘアアイロン5秒くらいです。

次は上を巻いていきます。

上は毛先だけを巻いていきます。

1回転くらいでOK。

上下の不ぞろいさが上手く合わさって、程よいボリューム感が出ると思います。

その後、トップをワンカールして、3回転半から4回転巻いていき、半分くらいでストップします。

この時は5秒くらい。

最後に前髪をリバース巻きをして、キープスプレーをして完成です!

どうでしょう。

意外と簡単ではないでしょうか?

これなら、ヘアアイロン初心者でも、ショートヘア初心者でも、出来ると思いますよ。

ヘアアイロンは正しい手順と、正しい使い方さえすれば、そんなに難しいことではないんです。

使い方次第では、ゆるふわでも、きっちりカールでも、ショートヘアの方は似合うと思います。

使い方も慣れてくれば、コツも分かってきますので、ヘアアレンジを楽しんで下さい。

ショートヘアのヘアアイロン初心者の方の、ヘアアイロンデビューをお待ちしています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *