【離婚準備をする女性必見】専業主婦や子供の立場はどうなる?

離婚は結婚の時の何倍ものエネルギーが必要だと言われています。

専業主婦の女性にとって、離婚をするというのは、これから先の人生が180℃変わることです。

専業主婦の女性で子供がいる場合は、離婚前から着々と離婚準備を進めていかなくてはなりません。

離婚準備も相当大変です。

お金や住む場所、子供の幼稚園、学校等の転校などなど、専業主婦だった女性が離婚準備をするのは、シングルマザーになるための覚悟のようなものです。

離婚準備をしっかりと進めて、専業主婦の女性ではなくなり、子供を育てシングルマザーとして歩み出すお手伝いが出来ればいいな、と思います。

【スポンサーリンク】

➀専業主婦の女性が離婚準備にやるべきこと-➀-

専業主婦の女性が離婚すると一番困るのがお金です。

収入が夫頼りだった専業主婦の女性は、ゼロから収入確保をしていかなくてはなりません。

ですから離婚準備としてお金を作ることが必要不可欠となります。

離婚準備としては仕事を探すことから始めなくてはなりません。

なるべく長く働けるような職場に出逢えるといいです。

と、言いますのも、離婚準備として新しく部屋を借りる場合、契約の時に仕事の勤続年数が浅いと審査が通らない場合があるのです。

ただ、今、賃貸契約もだいぶ審査が緩くなりました。

保障人も保証会社が代わりになってくれる制度もあります。

ですが、離婚準備として、今まで専業主婦だった女性が、生活をしていくには、子供の生活を支えるには、仕事を持っていることが必須です。

➁専業主婦の女性が離婚準備にやるべきこと-➁-

専業主婦の女性が離婚したいけれど、まだ子供が小さいという場合、心配なのは経済力です。

➀でもお話ししましたが、専業主婦だった女性にとって離婚は住む場所から、仕事から、何もなかもゼロからのスタートなのです。

ですから、離婚準備として行っておくのが、養育費や生活費の援助を夫は離婚後きちんと支払ってくれるのか?

という点は、しっかりと話し合っておくべきことです。

だいたい、離婚後、夫はだんだん約束を守らなくなります。

ですから、離婚準備は、口約束ではなく、法的手続きをしておくことは大事です。

それには、離婚準備として離婚協議書を作成しておくのをお勧めします。

どういった内容かと言いますと、

・離婚を合意した旨を記載

・慰謝料

・財産分与

・親権者の指定

・養育費

・面接交渉

・年金分割

・公正証明を作成するか否か

このような内容を、離婚準備として、きっちり作成しておきましょう。

➂専業主婦の女性が離婚準備にするべきこと-➂-

今まで専業主婦の女性であって、離婚を決意する時、子供がいることも鑑みて、シングルマザーにはどのような助成金が出るのか、離婚準備として知っておきましょう。

生活保護

健康で文化的な最低限の生活を保障。

児童手当

0歳~中学卒業までの児童が対象。

児童扶養手当

離婚で父母どちらかしか養育を受けられない子供が対象。

児童育成手当

18歳の3月31日まで子供を養育する一人親が対象。

母子家庭の住宅手当

20歳未満の子供を養育している母子家庭で、10.000円以上の家賃を支払っている場合給付。

ひとり親家族等の医療費助成制度

母子家庭の医療費の一部を助成。

離婚準備として先々のことを見据えることは大切です。

離婚準備が整っていないうちは、まだ、家を出ない方が賢明です。

今まで専業主婦だった女性が、離婚することによって、今までとはあまりにも違う生活を強いられます。

離婚後、子供を育てる義務が生じる場合も考えて、十分な離婚準備をすることが、その後が大きく左右されます。

離婚準備は想像以上に大変ですが、離婚準備の段階である程度の目途がついていないと、子供を育てていく上でも大変な思いをします。

離婚準備が出来たら子供の負担も考えて、離婚準備の段階でタイミングと環境を考えましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *