結婚祝いの相場は知ってる?姪や友人は?親から子は?

wedding-1610254_960_720

結婚式に呼ばれるのは嬉しいですが、結婚祝いとしてどれだけを包めばいいのか、その相場を知らずに恥をかくことは避けたいです。

結婚式は一生で一度の最大なイベント。

新郎新婦の幸せを願って、結婚祝いを渡します。

結婚祝いと言っても、新郎新婦との関係性でだいぶ相場が違うようです。

例えば姪に包む場合と、友人に包む場合は同じ金額でいいのでしょうか?

友人の方が深い間柄の場合が多いですから、姪と友人に包む相場も違う場合もあります。

そして、賛否両論なのが親から子供に包む結婚祝い

親は子供に結婚祝いを包むべきなのか?

その点も含めて、結婚祝いのマナーを学びましょう。

スポンサーリンク

➀結婚祝いのマナー

その名の通り結婚を祝って、金銭や品物を贈るのが結婚祝いです。

金銭の場合はご祝儀袋に包んで渡します。

一般的なご祝儀の相場は3万円とされています。

それぞれの相場は後述しますので、結婚祝いの最低限のマナーを知りましょう。

マナーとして結婚祝いの金額を包む時は、奇数の金額を包みます

割り切れる偶数では割れる=別れるという意味になり、ご祝儀としては避けられます。

2万円の場合 ⇒ 偶数ですが「2」はペアとしての意味もありますので、1万円札と5千円札2枚で奇数にして渡しま

8万円の場合 ⇒ 「8」は漢字で「八」。末広がりの意味があるので縁起が良いとされます

10万円の場合 ⇒ 偶数ですがキリがよいので10万円は敬遠されていません

4万円と9万円は縁起が悪いのでタブーです

結婚祝いのご祝儀には色々な決まりがあります。

細かいことまで、結婚祝いではタブーにされていきます。

②結婚祝いの相場

結婚祝いの相場:兄弟姉妹 ⇒ 5万円~10万円

独身なら5万円。

結婚していて夫婦で出席なら二人で10万円がベスト

結婚祝いの相場:甥・姪 ⇒ 年齢によって変わる

親族なのでご祝儀の相場の最低ラインは5万円です。

付き合いの深さや、自分の年齢でプラスしていきます。

もし自分が30歳過ぎでしたら5万円は少ないと思われるかもしれません。

結婚祝いの相場:いとこ ⇒ 3万円

家族宛てで家族で出席しているなら、家族で10万円が相場。

全員社会人なら3万円づつ個別で渡すといいかと思います。

結婚祝いの相場:友人・知人・同僚 ⇒ 3万円

会社の上司の場合は5万円。

そして問題なのは親から子に渡す結婚祝いの相場ですが、0円~100万円とだいぶ差があります。

例えば結婚費用を親が出していれば、結婚祝いを出す必要がないかもしれませんし、その時の親の収入や考え方次第です。

姪と友人では結婚祝いの相場が違うようです。

姪は自分の血が少しでも繋がっている親戚ですから、友人よりは相場は大きくなります。

それは、姪とは小さい頃からの付き合いだったり、親戚付き合いとして失礼のないように、という点で姪には友人より多めに結婚祝いを包むのが相場のようです。

友人の相場は3万円が妥当だとしても、それ以上祝いたい気持ちが友人に対してあるのなら、何か品物を後日送るのもいいかもしれません。

姪と友人を比べる訳ではありませんが、姪より友人に比重がいくのか、友人より姪に比重がいくのかで決めてもいいかと思います。

➂親から子へ結婚祝いは必要か?

親から子への結婚祝いの相場はありません

親は結婚祝いでご祝儀は出さないことが多いようです。

結婚祝いはお祝いの気持ちを、形で表したものですから、友人や姪にはお金として表しているのです。

じゃあ、親は全くお金を出さないのか?

結婚すると、「結婚援助金」という形で、親は結婚祝いをするケースが多いようです。

「結婚援助金」は、つまり、結納から結婚式、新婚旅行、嫁入り道具まで親が出すことです

親がそこまでやるのか?

と疑問の声も多いですが、親がしてやれる最後のイベントだから、という意見も多いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *