【婚約破棄慰謝料の相場】金額を減らすことは可能なの?

婚約破棄とはなかなか経験することもないかと思いますが、現実に婚約破棄を起こされた時に対応できるように、ここでは婚約破棄について学びましょう。

婚約破棄されたら、まず、慰謝料の請求、という流れになるかと思います。

ですが、婚約破棄をされたからと言って、どういう場合でも慰謝料がもらえるというわけではありません。

婚約破棄の慰謝料の相場や金額についても、しっかり知る権利があります。

婚約破棄の慰謝料の相場と金額について触れるとともに、婚約破棄で慰謝料を決定するのは、どんな行動を基準にしているのか。

についてもまとめました。

スポンサーリンク

➀婚約破棄の慰謝料の相場

婚約破棄での慰謝料の相場はケースバイケースです。

これといった確かな相場の金額はありません。

慰謝料は精神的な損害を償うための金額でありますから、どの程度の精神的損害なのか、によって相場、金額は変わってきます。

弁護士さんなどにお伺いしたところ、ちょっと金額は幅広いのですが、今までの金額は30万円~300万円だったそうです。

ですから、比べる相場がないのですが、この金額が一つの相場と言えます。

慰謝料の金額が大きくなるケースは、

・婚約期間が長期

・妊娠あるいはすでに出産している

・婚約を期に仕事を辞めた

・婚約破棄の理由が不貞や暴力

の場合だそうです。

これは、人それぞれ違いますから、相場や金額もはっきりとは決められていないようですね。

➁婚約破棄の慰謝料を決める際に重要となるポイント-その1-

婚約破棄に繋がった決定的な理由

不貞行為、暴力、モラハラなど、明らかに結婚するのが難しいと判断された場合。

婚約破棄された側の心理状態、体調

婚約破棄により、心身喪失、食欲不振、不眠症など、体調を崩した場合。

それが理由で会社に行けなかった場合。

婚約期間を含める交際期間

どれだけ2人が交際していたかも重要ポイントです。

交際期間が1年以上ある場合は、高額な金額の慰謝料が支払われてるケースが多いです。

年齢

婚約破棄をされた側の年齢が高いほど考慮されます。

女性の場合は妊娠、出産の年齢制限があるので、慰謝料の対象になります。

➂婚約破棄の慰謝料を決める際に重要となるポイント-その2-

婚約破棄時期

結婚詐欺などもありますので、婚約破棄されたタイミング(大金を渡した後)なども検討されます。

性行為の有無

子供をもうける目的で性行為を行っている場合も考えられますので、性行為の有無も重要です。

相手の年収

慰謝料を請求しても、相手に支払い能力がなければ、どんなに高い金額の慰謝料を請求しても、支払われない場合があります。

結納の有無

結納を済ませている場合は、それを考慮して慰謝料が決定します。

結婚準備の進行具合

・両親や親族に紹介している

・新居を契約している

・結婚式場を予約してあり、招待状を送っている

これらが済んでいる場合は、慰謝料の正当な理由となります。

婚約破棄とはなかなか現実的ではなく、その慰謝料の相場や金額を聞いても、ピンとこない人も多いかもしれません。

ですが、実際被害に遭った方にとっては、慰謝料の相場や金額が全ての償いとなりますので、大事なポイントですよね。

婚約破棄された精神的苦痛を慰謝料という形でしか償えないのが口惜しいですし、その相場も高いとは決して言えません。

また、婚約破棄をされて、慰謝料がもらえるかどうかを判断する基準も、たくさんの項目がありました。

婚約破棄の重さを改めて感じた人も多いのではないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *