麦茶ダイエットのやり方は痩せる?効能とミネラルが大事!

tea-1536980_960_720

さっぱりしていて癖のない飲みやすい麦茶

その麦茶がダイエット効果があると聞いたら、是非TRYしてみたいと思いませんか?

麦茶ダイエットのやり方なら飲むだけで苦になりませんし、続けられる気がしませんか?

そのやり方次第では夢のダイエット成功の先が見えてきたように思います。

麦茶はダイエットの効能があるだけなく、その他にも体にいい効能がたくさんあるんです。

何と言っても麦茶と言えばミネラルですよね。

ミネラルは健康な身体作りにはとても良い効能を表します。

そんな麦茶ダイエットのやり方をご紹介します。

スポンサーリンク

➀麦茶ダイエットのやり方で痩せる?

麦茶ダイエットは麦茶を毎日1.5ℓ程度飲むだけのダイエット

では何故麦茶ダイエットのやり方は1.5ℓなのか?

まず人は1日に2~2.5ℓの水分を排出しています。

排出している分、同じ量を摂取する必要性が生じます。

食事などからも水分は摂れますので、実際に飲み物として摂取するのが1.5ℓという訳なんです。

その水分を水ではなく麦茶に変えるだけの、麦茶ダイエットのやり方です。

やり方としても一気に1.5ℓ飲みましょう、という訳ではありません。

食事のお供に、朝起きた時、夜寝る前に、とシーンごとに回数を分けて飲むやり方でいいんです

そんなに大量に摂取してカロリーは大丈夫なの?と思うかもしれませんが、麦茶はとっても低カロリーで、200mlでたったの2kcalとなっていますからこのやり方は痩せることに繋がるわけです。

➁麦茶ダイエットの効果

麦茶ダイエットのやり方を紹介させていただきましたが、麦茶による健康効果もあります。

(1) 血流促進効果

麦茶に含まれる「ピラジン」という成分に血流を促す効果があります。

水分を摂るだけでも血液の水分量は増えますが、麦茶ですとさらに血流を良くするピラジンが配合されているので、そういった面でも麦茶がおススメです。

ピラジンは血液と共に栄養素や酸素が体の隅々までにしっかり運ばれるので、新陳代謝が活発になる役目を任されています。

(2) むくみ予防効果

麦茶には「ギャバ」という天然アミノ酸の一種が含まれています。

このギャバには血圧を下げる効果、心臓の機能を高める効果があります。

体の中で余分に溜まってしまった老廃物や塩分の排出を促すので、むくみの予防や改善が期待できます。

➂麦茶ダイエットの効能とミネラル

麦茶の効能その5に加えて、ミネラルにも触れて紹介させていただきます。

効能1〇胃を守る

麦茶は胃の粘膜を守る働きがあります。

ストレスなどで発症する胃潰瘍を作らせません。

効能2〇虫歯予防

麦茶は虫歯の原因となるミュータンス菌が増えてしまうのを防ぎます。

効能3〇抗酸化作用

老化の原因の一つである活性酸素は加齢と共に体内で増えてしまいます。

そうすると肌のハリやキメがなくなり、血管も弱くなります。

麦茶にはこの活性酸素を除去する働きをする抗酸化作用のあるPクマル酸というものが含まれているんです。

効能4〇癌予防

Pクルマ酸は発がん物質の発生も防いでくれます。

効能5〇ノンカフェイン

カフェインは体内で有効に効くこともある成分ですが、乳幼児、妊婦さん、高齢者の方にはあまりおススメではありません。

その点麦茶はノンカフェインであり、ミネラルが豊富ですので、どんな方にでも飲んでいただけます。

以上が麦茶の効能その5でしたが、やはりミネラル摂取は水より麦茶ですので、ミネラルから得られる効能なども紹介できれば良いと考えています。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *