お腹の脂肪を減らすには?食事と運動の基本はコレ!

どうにかしたい、お腹周りの脂肪・・・。

と思っている方も多いかと思います。

ダイエットに励んでいる方、お疲れ様です。

ですが、なかなかお腹の脂肪を減らすことに限界を感じているのでは?

ここでは、とっても簡単にですが、お腹の脂肪を減らすための、基本中の基本

食事法と運動法に触れていきたいと思います。

今では、様々なダイエット方法が出てきています。

ですが、敢えて、初心に戻ってお腹の脂肪を減らすために必要な、食事法と運動法を見直していきましょう。

本当に些細な努力でいいんです。

【スポンサーリンク】

➀お腹の脂肪の原因

お腹に脂肪がついてしまう原因としては、主に2つの原因が考えられます。

一つは基礎代謝の低下

もう一つは運動不足です。

基礎代謝は20代前半を皮切りに、どんどん悪化していきます。

基礎代謝が悪くなると、身体の中の老廃物を上手く排出することが出来なくなります。

ですから、体内でお腹の脂肪となって、蓄積していってしまうのです。

一番蓄積されるのが、言わずともがなお腹周り。

蓄積されてきたお腹の脂肪を上手く燃焼できない状態ですから、それは運動不足と繋がる訳です。

お腹の脂肪には内臓脂肪皮下脂肪があります。

内臓脂肪は、お腹の内臓の周囲に溜まる脂肪のこと。

いわゆるメタボです。

これは、日常的にエネルギーとして使われる脂肪なので、増えやすく減らすのは簡単です。

皮下脂肪は、皮膚の下に溜まる脂肪のこと。

減らすのはちょっと大変です。

➁お腹の脂肪を減らす食事法

ダイエットをしたことがある方なら、耳にタコかもしれませんが、まずはバランスの取れた食事が不可欠ですよね。

バランスの取れた食事で悩むことはありません。

基本的に和食中心にしたらいいんです。

和食は食材が豊富で、油の量も少なく抑えて、お腹の脂肪を減らすには、とても理想的な食事なんです。

野菜を中心にしていくことはもちろんのこと、食物繊維たっぷりのキノコ類や、ミネラル豊富な海藻類などの食事などもお勧めです。

逆にNGな食事は糖質を必要以上に摂ってしまうこと。

糖質はダイエットの天敵です。

ご飯、麺類、パスタなどの炭水化物は、お腹の脂肪とすぐに仲良くなってしまいます。

炭水化物はインスリンを分泌して、筋肉や肝臓にストックされます。

ストックできる量も決まっていて、ストック出来なかった余分な糖質は、中性脂肪に作り替えられて、お腹の脂肪になるのです。

➂お腹の脂肪を減らす運動法

お腹の脂肪を減らすとしたら、その運動法として最適なのは、「有酸素運動」です。

何も構えないで下さい。

軽い運動でいいんです。

ウォーキングや軽いランニングを、1日15分~20分続けることで、お腹の脂肪は減らすことは出来ます。

よく腹筋がいいと言われますが、腹筋では確かな効果は得られません

お腹の脂肪を分解して減らすには、有酸素運動が一番手っ取り早いです。

有酸素運動の掟

〇空腹時に行うと、エネルギーが燃えやすくなる

〇筋トレ ⇒ 有酸素運動 の順で行う

〇運動開始20分で、お腹の脂肪燃焼ゾーンに入る

〇軽く息がはずんで、適度に汗ばむ程度

お腹の脂肪を減らすには、一周回って、食事と運動に気を配ることです。

食事は一日のエネルギーを蓄える大切なもの。

それと並行して運動を行うことで、お腹の脂肪を減らすことは可能なんです。

食事や運動なんて、お腹の脂肪を減らすのにいいことは分かってる。

という方も多いかと思いますが、やはり、軸となるのは食事と運動になるので、初心忘るべからずの精神を持ちましょう。

以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *