ベビーオイルで肌荒れに?成分は髪にも影響する?

treatment-1327811_960_720

ベビーオイルというとその響きから赤ちゃんに使うオイルというイメージですよね。

実際、赤ちゃんにも使えるのですが、実は大人でもベビーオイルは色んな用途があるので、様々なシーンで活躍すると話題になっています。

ベビーオイルの使い方によっては肌荒れ予防になったという方も多いです。

ベビーオイルの成分がマルチに活躍してくれる訳ですね。

そして、意外かもしれませんがベビーオイル、髪の毛にも使えるんです!

よく、ストレートパーマをかけた方などは、ドライヤーで乾かした後オイルでケアしますよね。

その理論で髪にもウェルカムなんです。

今はダイソーなどでもベビーオイルは手に入りますし、ドラッグストアなどでも高くて1000円程度ですから、コスパも十分ですよね。

肌荒れ、パサパサ髪にお悩みの方、ベビーオイルを試してみて下さい。

【スポンサーリンク】

➀ベビーオイルってどんなもの?

ベビーオイルを一言で言いますと、デリケートなお肌の赤ちゃんにでも使える安全なオイルということです。

赤ちゃんに何故オイルなのか?

多くのクリームやジェルには添加物が配合されている場合が多いので、添加物を含まないこのベビーオイルは非常にお肌に優しいからなんです。

また、液状ですから伸びもスルスルとして、赤ちゃんのお肌に負担をかけないことで選ばれています。

ただ、心配だという方は石油系成分を配合してる!

という点だと思います。

ここで安心してほしいのは、今の日本で使われている石油系成分は安全だということです。

石油系成分で肌荒れなどのトラブルがあったのは、遠い昔の話しです。

この時代石油系成分であっても大丈夫なんですよ。

➁ベビーオイルの使い方-part1-

〇全身保湿用オイル

乾燥肌でお悩みの方には是非使っていただきたいベビーオイル。

ベビーオイルはコスパが良いので、たっぷり使ってもOK。

スーッと伸びていく感じは快感でもあります。

ベビーオイルを浸透させて体中の保湿をたっぷりとしてあげましょう。

〇クレンジングオイル

大さじ1杯ほどのベビーオイルを手に取り、メイク落としを使うその要領のまま優しくマッサージしましょう。

その後、ティッシュなどで丁寧に拭き取って洗い流すだけで立派なクレンジングオイルです。

〇入浴用オイル

湯船にベビーオイルを2、3滴入れることで保湿効果をUPします。

入浴剤、アロマオイルなどと一緒に使うだけで贅沢な癒しの時間です。

〇マッサージオイル

お風呂上りのリンパマッサージに適しています。

〇スキンケア

通常のスキンケアの前に一癖ベビーオイルを使用しますと、スキンケアの効果がより一層高まります。

乾燥肌の人には是非お勧めです。

➂ベビーオイルの使い方-part2-

〇妊娠線予防

妊娠中の気になる妊娠線にお使いいただけます。

専用のクリームでもいいですが、ベビーオイルの方がコスパが良いです。

〇ハンドオイル

今ネイルをしている人が多いですよね。

そんな方にはネイルケア用のオイルとしても使えますし、手荒れの方はハンドクリームの代わりにいかがでしょうか?

〇頭皮のマッサージ

シャンプーの前にベビーオイルで頭皮を3~5分ほどマッサージします。

洗い流したらいつものシャンプー、コンディショナーで整えます。

〇ヘアオイル

パサパサな髪って本当にイライラしますよね。

タオルドライした後に髪の毛の先を重点的にベビーオイルを塗ります。

それだけでパサパサ乾燥髪の手入れが出来ます

また、ドライヤーで乾かした後にもベビーオイルを塗ると、まとまりのあるヘアスタイルへ。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *