赤ちゃんのストローはいつから?練習方法のコツとは!

paternity-633453_960_720

赤ちゃんが母乳や粉ミルクからそろそろ卒業しなければならない頃には、ストローでの飲み物の練習が必要になってきます。

これは赤ちゃんが飲み物を飲むという成長過程の上で、初めの一歩とでも言っていいかと思います。

ストローを吸うことは舌の運動の訓練

赤ちゃんはこの過程を経てから離乳食へのチャレンジへと進む大事なステップですね。

相手は赤ちゃん、ママがイライラしていては上手くいくものも上手くいきません

ゆっくり練習していって、その練習方法も徐々に高度になっていけばいいのです。

赤ちゃんにストローで飲み物を飲ませるにはちょっとしたコツがあります。

赤ちゃんが練習方法の段階でイヤになって投げ出してしまわないために、ちょっとしたタイミングをコツにして、進めていけば問題ないと思います。

赤ちゃんは実にマイペース。

それに合わせてのんびりストローデビューしていければいいですね。

スポンサーリンク

➀赤ちゃんがストローを使うタイミング

赤ちゃんがストローを使うのは早くて生後6か月くらいから、遅くても生後8か月にはチャレンジしてみましょう。

だいたい1歳になる頃には、ほとんどの赤ちゃんがストローを成功させています。

ママと赤ちゃんのタイミングで、少しずつ練習していきましょう。

始めるのはカップのフタに専用のストローがついているストローマグがおススメです。

ストローマグならコップの部分に取っ手がついているタイプですと、赤ちゃんがつかんで飲みやすくなると思います。

夏場などはお出かけ先でストローマグで水分補給が出来ると、ママも安心ですし助かりますよね。

お茶よりジュースのほうで試すほうが上手くいくとも聞きましたが、それは赤ちゃんの好みもあることですので、赤ちゃんのお気に入りの飲み物でOKですよ。

➁赤ちゃんのストロー練習方法

まずは「息を吸う」という動作をパパやママが赤ちゃんに示してみましょう。

目の前でストローを使ったり、持って赤ちゃんにくわえさせたり、とにかく「吸うこと」の意味を覚えさせましょう

ストローが透明だと、飲み物が吸い込まれる瞬間を見れますのので、透明なストローをお勧めします。

中には、母乳を吸うことの延長線上のように、すぐにストローを使える赤ちゃんもいるかと思います。

でも、それが全ての成功にはつながらない場合もあります

ストローから口を離すタイミングや、飲み物を飲み込むタイミングが分からず、こぼしてしまうパターンもあるからです。

上手く吸えないことでイヤがって、ストローの入ったコップを倒してしまうこともあるでしょう。

そういった場合は、紙パックのドリンクや、上述しましたストローマグを上手に使っていきましょう。

生後6か月だと、そろそろ乳歯が生え始める時期でもあります。

そうすると虫歯が心配ですよね。

虫歯予防にお茶で口をすすぐといいそうですから、ストローからお茶を飲めるようになるといいですね。

➂赤ちゃんがストローで飲んでくれない場合

赤ちゃんがストローで飲んでくれない

飲んでもむせてしまう

こんなこともあるでしょう。

むせるという行為は、吸う力が弱くて、飲み物が気管に入ってしまうということです。

母乳や哺乳瓶と同じ感じで吸ってしまうと、ストローでは多めに水分が入ってしまって上手くいかないのです。

ですから、吸う力の加減が分かるようになるまでは、焦らず、じっくりとがスローガンです。

無理な練習は余計イヤな感覚しか残りません。

そして、成功したら褒めて、褒めて、褒めまくりましょう。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *