生理中のダイエット向けの食事と飲み物は?逆効果に要注意!

生理前から生理中は、どうしてもイライラや、気分の落ち込みなどがあり、昔は「ブルーデー」と揶揄されていました。

女として生まれた以上、生理とは上手く長く付き合っていかなければなりません。

ですが、生理中はむくんだり、胸が張ったり、太ったりといいこと何にもないんです。

ですから、ダイエットをしている人には、生理中は痩せにくいので、ダイエットの数値が横ばいのままで、それもイライラの要因となります。

生理中のダイエットにおススメな食事や飲み物をご紹介していきます。

食事や飲み物を知っていると、生理中のダイエットも上手く傾きますので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

➀生理中はダイエットに不向き?

生理中は太りやすいと言われています。

それには、生理周期が関係しています。

・生理中月経期

・生理中卵胞期

・生理中排卵期

・生理中黄体期

このような生理周期があるのですが、この中でダイエットに関係してくる時期は「黄体期」となります。

黄体期は生理周期の排卵期が終わってから、次に生理が始まるまでの期間。

この時期には月経前症候群が出やすくなるための大事な時期なので、イライラしやすく、太りやすくなるのです。

ですから、最もダイエットに不向きな時期と言えますね。

特にこの黄体期が生理中のダイエットに適さないと言われる所以には、体内にコレステロールを多く溜めようとする時期ですので、生理中は痩せにくいという訳で、結果ダイエットには不向きであるということです。

➁生理中のダイエットに効果的な食事

生理中は鉄分の多い野菜を中心にした食事と、ビタミンCが豊富な食事を心掛けてダイエットにも気を配りましょう。

鉄分の多い野菜 ⇒ 小松菜、ほうれん草、枝豆

ビタミンCが豊富な食事 ⇒ 黄パプリカ、パセリ、柿、キウイ

野菜以外の食事 ⇒ 納豆、豆腐、ひじき

これらのような食べ物を使った食事を積極的に摂っていきます。

また、生理中は食欲が旺盛になりますが、食事を摂りすぎると、生理中の女性ホルモンで、血糖値が下がるので、空腹のツボが刺激されてしまいます

この時、誘惑に負けて、高カロリーの食事は摂らないことが、ダイエットをする上で注意すべき点です。

空腹は徐々に満たしていくことが大事です

その際は、野菜を中心にした食事が理想的です。

野菜がいいと言っても、生理中に不足する血液を補う食事でなければなりません。

しかし、これには欠点があるんです。

血液の元となる鉄分が入った野菜は、吸収率が悪いとされているんです。

ですから、それをサポートするために、鉄分の吸収を手伝うビタミンCが必要となるのです。

生理中の食事も、ダイエットの食事も、だいたい同じような内容になっています。


➂生理中のダイエットに効果的な飲み物

ダイエット中は特に冷えは禁物です。

体が冷えると血行が悪くなり、その結果代謝が悪くなり、痩せにくい体になるだけでなく、生理痛も重くなります。

ですから、生理中は温かい飲み物がお勧めです。

生理中の飲み物1:ホットココア

鉄分の吸収性に優れていて、貧血予防にもなります。

生理中の飲み物2:ハーブティ

リラックス効果があり、体を温めます。

生理中の飲み物3:生姜湯

体を温めるので冷え改善にぴったりです。

生理中の飲み物4:豆乳

イソフラボンが豊富で、生理中の空腹の原因になる、ホルモンバランスの乱れを整えてくれます。

温かい飲み物で、体を温めて、生理痛の緩和や、ダイエットに効果的な身体作りをしましょう。

飲み物の温冷でだいぶ違ってきます。

普段からダイエット中の食事や飲み物に気を配っていれば、生理中だからと特別な食事や飲み物にする必要はありませんので、生活習慣を見直しましょう。

生理中はただでさえ敏感で繊細になりがちです。

温かい飲み物は生理中に良い理由の一つに、精神的に落ち着くということもあるかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *