糖分は取り過ぎると疲れる?症状から脱却できる女性へ!

疲れるとついつい糖分を取ってしまいがちです。

激しい運動をした時夜遅くまで勉強した時に、糖分で疲れを癒してもらう、というのは定番中の定番ですよね。

ですが、糖分を取り過ぎると、逆に疲れることが分かったんです。

糖分の取り過ぎで招く糖尿病についても触れてみました。

きちんと正しい情報を知ることで、糖分の取り過ぎを防ぎましょう。

糖分を摂り過ぎると、疲れる以外にどんな症状が起こるのでしょうか?

気になるその症状もご紹介しています。

疲れに糖分とは、もはや古い考え方です。

疲れる体の回復には、糖分を摂るのではなく、違う方法が必要になってきます。

【スポンサーリンク】

➀糖分の取り過ぎで起こる症状

WHOが推奨する糖分摂取量は、成人だと一日約25g、小さじ6杯分です。

ですが、日本人はこれをオーバーしていることが分かってきたんです。

糖分を取り過ぎると、どんな悪い症状が出てしまうのでしょうか?

症状1:何もやる気が起きない

症状2:記憶力が落ちる

症状3:イライラする

症状4:だるい

症状5:気分が落ち込む

症状6:老化が早まる

これらの症状は糖分の取り過ぎで、低血糖やカルシウム不足で起こるのです。

必要以上に糖分を取り過ぎると、消化しきれなかった糖分が、血液中に残りタンパク質と繋がることで、糖化が進み肌や骨の老化を引き起こしてしまいます。

砂糖はカロリーも高く、中毒性もあるので取り過ぎは本当に良くありません。

中毒性とは、脳が「美味しい!」「幸せ!」と自然に認識してしまうために、ついつい手が出て取り過ぎてしまうのです。

体をリラックスさせるどころか、逆に疲れを感じさせてしまうのが、糖分の怖いところ。

適度な量の糖分でしたら、それは体にもいいですし、脳の活性化にも繋がります。

くれぐれも目安量をしっかり守りましょう。

➁糖分の取り過ぎですぐ疲れる人の回復方法

すぐ疲れる症状を回復するとなると、回復させる方法と言うよりも、疲れを溜めない身体にしていくことの方が大事です。

疲れる = 代謝が悪い

と言われます。

逆にすれば、疲れない = 代謝がいい

となる訳ですから、是非、後者を目指したいです。

食事

栄養バランスを意識した食事内容で、代謝能力を高める。

睡眠

1日7時間は睡眠をとり、生活習慣のサイクルを一定に保つ。

など、普段の中で出来ることから、疲れない身体作りをしていくことが大事です。

➂糖分の取り過ぎ「糖尿病」に注意!

糖分の取り過ぎが原因となる病気と言えば、やはり糖尿病ですよね。

糖尿病患者は国民の5人に1人となり、今や深刻な問題になっています。

糖尿病は自覚症状がなく、検査をして初めて分かるというケースが多いんです。

糖尿病の初期症状を以下に挙げましたので、チェックしてみて下さい。

・頻尿

・おしっこが泡立つ

・おしっこの色が濃い又は薄い

・すぐ疲れる

・寝つきが悪くなる

・口が渇く

最後に一言

いかがでしたでしょうか?

思い当たる項目があれば、すぐに病院へ行くことをお勧めします。

糖分の取り過ぎは疲れを取ると思っていた人も多いかと思います。

ですが、糖分の取り過ぎは却って疲れるということが分かって、今までは何だったの!?

と思っている方もいらっしゃるでしょう。

かく言う私も、すぐに疲れるので、すぐに一口チョコレートを食べていましたが、糖尿病の心配もありますので、控えることにしました。

糖分の取り過ぎだからといって、コレ!といった強い症状が現れるわけではないので、自分では気づかずにいることが多いかもしれません。

糖分はもちろん体には必要なものです。

ですが、ここで問題にしているのは、糖分で疲れるといった真実があるということです。

糖分で疲れるなんて思ってもみませんでした。

今一度、糖分の取り過ぎに注意すること。

疲れる時は違う対策を講じること。

を声を大にして言いたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *