股関節のしこりを対処するには?女性と男性の痛みの違いについて

日ごろ、股関節を意識することは、あまりありませんよね?

ですが、ある日突然、股関節にしこりが出来ていたら心配になりませんか。

股関節にしこりなんて、女性にとっては恥ずかしい部分ですし、男性にとっても大事な部分ですから、なかなか病院へ行くまでには発展しないかもしれません。

ですが、股関節にしこりがあって、痛みを感じるとなると、いよいよ重大な病気という可能性もあります。

それは、しこりの大きさや、痛みの場所などによって違いますし、女性と男性ではかかる病気も違います。

股関節にしこりと痛みを感じたら、女性、男性問わず、すぐに病院へ行かれることをお勧めします。

スポンサーリンク

➀股関節のしこりが痛くなる病気-No.1-

冒頭でも触れましたが、股関節にしこりがあると、何だか都合が悪いですよね。

女性の場合は、生理中やVラインにしこりが出来る場合が多いので、婦人科系で診てもらうことも出来ます。

股関節のしこりや痛みは、スポーツ外科的なイメージがあって、男性の症状というイメージが強いですが、男性でも女性でも、股関節にしこりや痛みを伴うことがあります。

女性に特化、男性に特化した病気もあるのでチェックしてみて下さい。

股関節の病気1:リンパ節炎

股関節や脇、首、全身に張り巡らされているリンパ管の中にリンパ節がありますが、このリンパ節が炎症を起こして腫れてしまいます。

原因は細菌感染

リンパ節が腫れて痛みと発熱の症状があります。

股関節の病気2:悪性リンパ腫

身体中を流れているリンパ球が癌に変異したもの。

股関節や首、脇の下の腫れ、しこり、痛みなどの症状があります。

腫瘍が急に大きくなることで、痛みや発熱が伴います。

➁股関節のしこりが痛くなる病気-No.2-

股関節の病気3:鼠経ヘルニア

鼠経ヘルニアは腹膜お腸の一部が、足の付け根の部分の筋膜の間から、皮膚の下に出てくる下腹部の病気です。

鼠経ヘルニアの場合は、立ち上がる時や、お腹に力を入れた時に、股関節が膨らんでいるような感覚になります。

この膨らみがしこりのように見えます

股関節の病気4:粉瘤

股関節にしこりが出来る粉瘤は、別名「アテローム」と呼ばれています。

身体のどの部位にも発生する可能性のあるしこりで、しこりが小さければ経過観察でも済むケースもあります。

ただ、股関節のしこりが粉瘤の場合は、座った際に痛みを感じます。

股関節の病気5:脂肪腫

脂肪腫は脂肪組織が集まり、腫瘍を形成した良性の腫瘍です。

40~50代の女性に多く、男性ではあまりなりません。

触るとぐりぐりしたしこりがあり、それは徐々に大きくなります。

➂股関節のしこりが痛くなる病気-No.3-

股関節の病気6:梅毒

梅毒は慢性の感染症であり、何年もかけて症状が進行します。

梅毒は女性と男性の性行為により感染します。

女性の場合は、母体から赤ちゃんに移ることがある、とても怖い病気です。

股関節の病気7:性器ヘルペス

女性の性感染症でクラミジアに次いで多い病気です。

性器ヘルペスは、症状が出ないまま、男性に感染させてしまうことが多いです。

男性の場合は痒みがあり、リンパ節がしこりのように腫れます。

女性の場合は、痛み、水膨れ、排尿痛による排尿障害を起こします。

股関節の病気8:変形性股関節症

変形性股関節症は加齢による負担やケガによって、軟骨がすり減ることで発症します。

歩き始め、長い時間歩く、階段の昇り降りで痛みを感じます。

進行し末期になると、痛みもひどくなり筋力低下で、日常生活に支障をきたします。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *