めまいにふらつきのある女性!低血圧より高血圧かも?

forest-1366345_960_720

人生の中で女性は、一度はめまい、ふらつきを体験したことがあると思います。

それって、低血圧が原因だったりします。

特に女性に多い低血圧。

しかし、一般的に見ると高血圧の方が重要視されていて、低血圧はあまり注目されていません。

それには、高血圧だと命にかかわることもあるからだと思います。

でも、低血圧にもめまい、ふらつきを始め、とても生きにくい症状が伴うことがあります

高血圧じゃないんだからと低血圧を甘く見ていると、あとで大変な病気が見つかる可能性もあるのです。

ここでは、低血圧の危険性と、その原因と種類についてご紹介していきたいと思います。

そのめまい、ふらつき、貧血ではありませんよ

スポンサーリンク

➀低血圧の症状

低血圧の症状にはめまいを始め以下のようなものがあります。

思い当たるものはありませんか?

・倦怠感

・めまい

・ふらつき

・立ちくらみ

・冷え性

・肩こり

・頭痛

・動悸

・寝つきが悪い

・食欲不振

このめまいを始めとする症状は、はっきりした理由もないのに頻繁に起こるとか、何となくしんどいな、辛いなと思ったら、

それは隠れ低血圧症かもしれません。

低血圧症は断然、男性より女性の方が多いと言われています。

なぜなら、女性ホルモンに血管拡張作用があるからなんです。

低血圧症の女性の性格的傾向としては、

・生真面目  ・心配性  ・神経質

などでめまいなどの症状が表れます。

それでもめまい、ふらつきがあると心配ですよね。

めまいは日常生活にも支障をきたします。

めまいの症状が心配で外出出来ないという女性もいるくらいです。

女性でめまいやふらつきが起こると、もしかして更年期障害かも?

と思うかもしれません。

低血圧や高血圧によるめまいは、更年期にも関係しています

何でもないのにめまいが起こるとまずは貧血かと疑いますが、実は低血圧か高血圧が関係しているかもしれません。

めまいやふらつきが懸念される場合は、低血圧、高血圧を疑いましょう。

➁低血圧症の種類と原因-その1-

低血圧には原因によって種類が様々です。

低血圧の原因となる疾患がないのに、常に血圧の低い状態を本態性低血圧と言います。

それは、遺伝であったり、神経・ホルモンのバランスが崩れたりが関係しています

本態性低血圧は無力性体質であることが多いと言われています。

これは、ほとんどの場合はめまいなどの症状は出ません。

つまり、低血圧症の症状を伴うのが本態性低血圧。

症状を伴わないのが本質性低血圧となります。

このようにめまいがバロメーターになることがあります。

➂低血圧症の種類と原因-その2-

立ちくらみ、めまい、ふらつきがあるのは起立性低血圧に分類されます。

急に立ち上がると重力に従って血液が下肢へ集まり、血液が心臓まで戻れないことで起こります。

これは非常に貧血と似ていますが、全くの別物と思って下さい。

その他に、二次性低血圧というものがあります。

これは、血圧が低くなる原因や病気がはっきりしているタイプのことです

低血圧と同時に高血圧にも注意しなければなりません。

高血圧は血圧が高いことを言いますが、それによってめまい、ふらつきが起こることがあります。

低血圧も怖いですが、高血圧も怖い症状です。

若い人はあまり血圧を重視していませんが、めまいが続く女性であったら、それは高血圧の可能性があります。

女性のめまいに限って言いますと、更年期高血圧、閉経期高血圧というものがあります

これは、避けられない女性特有の高血圧なのです。

めまいは思わぬところで起こり、あまりに頻繁ですと、病気を疑った方がいいかもしれません。

女性でめまいふらつきが出る場合は、高血圧を始めあらゆる病気の可能性があるかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *