好きだけど別れる!けど復縁したい男性に後悔するほど依存?

好きだけど別れる

遠距離恋愛を例にしても、好きだけど別れるという経験した人はいませんか?

好きだけど別れるとはいえ、後悔して復縁を求める女性は多いのです。

男女の間で男女同時に好きじゃなくなるということはありません。

男から別れ話をされても、女の方は気持ちが残っているので、好きだけど別れると、復縁の可能性を考えてしまいます。

時にはわざと女の方から男に別れ話をする時もあります。

そうです、男性の愛を確かめるために、好きだけど別れるのです。

そして結果後悔するのです。

依存しすぎてストーカーになる前に、復縁できるように、恋愛体質から抜け出して、恋愛依存のタイプ別に解決方法を探りましょう。

【スポンサーリンク】

①好きだけど別れる共依存タイプ

お互い恋人同士だと思っていたとして、その関係性は対等でしょうか?

女性は自分には何の取柄もないと、自信を持てず、自分を卑下してしまいます。

だからこそ、常に男性に捨てられるという恐怖心でいっぱいになってしまうのです。

その結果、嫉妬がすぎたり、束縛したりしてしまい、依存して男性から引かれてしまいます。

このような好きだけど別れる共依存タイプの方は、別れると後悔して、復縁を迫る可能性が高いです。

好きだけど別れるのは、未練があり、復縁も視野に入れています。

それなのに、男性がサラッと別れを受け入れてしまうと、女性は本当に後悔して、好きだけど別れるのに、何で分かってくれないの!?

という心理状態になります。

特に、男性に共依存していると、一人では何も出来なくなります。

好きだけど別れる心理には、後悔と依存があります。

好きだけど別れる状況まで追い込まれてしまった自分を責めたり、依存している分、復縁ばかり考えてしまいます。

好きだけど別れるのは、男性側であっても、女性側であっても、一方的なことであって、男性に依存している女性は、ここで、みっともなくても復縁を迫ってしまいます。

だかこそ、好きだけど別れる中でも、後悔が先に立って、復縁を迫ったりして、ストーカー化してしまうのです。

ですが、これは、男性にも言える症状ですよね。

むしろ、男性の方が、好きだけど別れると、女性のストーカーとなり、事件を起こす例もたくさんニューズで目にします。

②好きだけど別れる回避依存タイプ

好きだけど別れるという自分の理想とするものを、相手にも無理矢理押し付けるタイプの人は、幸せになることを遠ざけています。

そんな好きだけど別れる女性は、万が一男性に捨てられた時のために、保険をかけて複数の男性と広く浅くの関係を持ってしまいます。

このタイプの好きだけと別れるという女性は、同じことを繰り返して、愛情を試して、愛情を確認したいタイプです。

男なんていつでも出来る。

だから好きだけど別れることは、別に大したことじゃない。

そう思ってはいるけれど、後悔もしますし、復縁もしたいと考えている、もう一人の自分がいます。



③好きだけと別れるロマンス依存タイプ

恋愛が自分の生きる全てである恋愛体質の女性は、一見情熱的のように思えますが、実は独占欲が強く、恋愛に振り回されています。

好きだけど別れてしまうタイプは、別れてから後悔し、何とかもう一度という後悔と復縁、依存の関係を求めてしまいます。

別れたことを後悔して、別れた男性と復縁したい、そう依存して万が一復縁出来たとしても、好きだけど別れたという事実は残り、それを変えていくような自分磨きをしなければ、また、好きだけど別れる状況に追い込まれます。

好きだけど別れるには、何かしらの小さなきっかけがあると思います。

大嫌いになって別れるのとは違いますので、後悔も復縁の気持ちもあって当然です。

好きだけど別れる人の依存型をタイプ別にご紹介しました。

好きだけど別れる人の心理を突いた、依存度も深い内容になっていると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *