料理嫌いを克服したい人へ!その原因と主婦が助かるアイデアは?

料理嫌いな主婦はあらゆる場面で損しているように思います。

かく言う私も料理嫌いで有名なのですが、料理嫌いを克服する方法をいくつか考えました。

それには、まず、料理嫌いになった原因から探っていかなくてはなりません。

主婦である以上、料理嫌いだからと済まされる問題ではなく、いつか克服できるだろうと、そう信じて作り続けています。

ですが、原因から考えてみても、なかなか料理が好きになれるようなシーンに出逢えないのです。

料理嫌いの人に好きになってもらうのではなく、あくまでも料理嫌いないち主婦として、その原因と克服法を聞いてもらえますか?

【スポンサーリンク】

➀料理嫌いの原因はなに?

そもそも料理嫌いになった原因は何だったのか?

料理嫌いの主婦だったら、多分、同じような原因なのではないでしょうか?

原因を知ることで、少しは料理嫌いが克服できる主婦になれればいいのですが、なかなか短期間では、料理嫌いを克服できそうにありません。

私が料理嫌いになった原因・・・原因というより不満であったり、言い訳であるかもしれませんが、私の場合の原因をいくつか挙げていきます。

  1. キッチンが汚い、狭い
  2. 料理のレパートリーが少ない
  3. 残った材料で作るといったアレンジができない
  4. 美味しく作ろうと思ったら、下ごしらえが大変な料理が多い
  5. 後片付けが面倒臭い
  6. その食材を生かしきれない

 

料理の好き嫌いは、料理が得意、不得意とは比例しないものです。

よく、明石家さんまさんが言っていますが、「料理を頑張ったイコール料理が美味しいという訳ではない」と。

正にその通りだと思います。

料理嫌いの主婦である私にとって料理はストレスですし、大袈裟に言えば料理ノイローゼとも言えます。

➁料理嫌いを克服するには?

料理嫌いの理由として、上述した原因と似ていますが、他の表現を使って料理嫌いの理由を挙げると、

  • 献立を考えるのが苦手
  • スーパーに買い物に行くのがイヤ
  • 料理する時間がもったいない
  • ようやく出来上がった料理がいまいち美味しくない

といった点が挙げられます。

こんなこと主婦として言うのは、主婦失格だと思います。

ですが、これだけ、料理嫌いの理由が揃えば、実際問題料理を作らないでいいのなら、作りたくないです。

唯一料理嫌いを克服することが出来るようになるのは、「慣れ」だと思います。

昔から「習うより慣れろ」と言いますよね。

料理教室でこじゃれた料理を習うことより、毎日のだしの取り方から叩き込んで料理嫌いを慣れることで克服していくことしかありません。

正直言いまして、私も主婦歴17年ですが、未だに慣れていない気がします。

私のことを例にするのは申し訳ないのですが、私は料理嫌いを克服するために、色々と楽する方法を考えたのです。

そこで辿り着いたのが「宅配食材」を利用するということでした。

これなら、上に挙げた料理嫌いの理由をひとつずつ克服していけたのです。

➂料理嫌いが料理をする時にやらないでいいこと

➀目分量で料理を作らないでいい

目分量で料理を作る人、調味料を的確に料理に使える人。

これを真似ては失敗します。

計量カップと計量スプーンで、きっちり量を測ること。

料理嫌いの主婦は無理して上手く見せなくてもいいんです。

➁お腹が空いていないなら無理して作らなくていい

逆に言えば、お腹を空かせた状態で料理を作るということです。

お腹を空かせて作ると、いつもより上手に、美味しく出来ると勘違い出来ます。

料理嫌いの主婦は、だいたい同じ原因や理由があって、それでも主婦である限り、何とか料理嫌いを克服しようと頑張っています。

家族の反応なども料理嫌いの主婦は気になるところですが、原因や理由はなんとかなるのでしょうか?

私は「宅配食材」を利用することを、一つの克服法として見ています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *